業者に依頼をする

作業員

止水栓を事前に確認しておく

突然の水漏れを起こした場合には誰でも慌てるものですが、事前に止水栓などを確認しておくことで冷静な対応をすることができます。 水漏れを起こしてもすぐに水を止めることができれば、すぐに修理業者を探し冷静に連絡することができますが、水が噴き出している状態では修理業者を探すことですら慌ててしまいます。 まず、家全体の水を止められる止水栓を知っておくことで、どこの水漏れを起こしてもとりあえず水を止めることができます。 一番良いのはトイレやお風呂場、台所など各部分の水の止め方を確認しておくと安心です。家族が誰でもすぐに確認できるような場所に、各止水弁の場所を記したものを用意していおくと、いざというときに誰でも対応することができます。

自分で直せる水漏れもある

トイレにつながる蛇口からポタポタと水が滴り落ちる理由にパッキンが関係しています。蛇口の中にはゴムで出来た水漏れを防ぐ部品があります。この部品はゴムでできているため年数を重ねれば硬くなり本来の機能を発揮できなくなります。この部品を交換することで症状を止めることができます。 この部品はホームセンター等でも販売され、止水栓を止めてから手順通りに行えば初めての方でも簡単に修理をすることができます。 どの蛇口でも起こる症状なので、蛇口でこの症状が出た場合には一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。