つまりを改善する

ウーマン

止水栓を止めてから行う

トイレつまりは放っておくわけにはいきません。かと言って、業者を呼ばないといけないと言うわけでもないです。全てではないですが、トイレつまりは素人でも直すことはできます。ラバーカップを使ってトイレつまりを直すことが多いですが、ラバーカップを使う前にやっておきたいことがあります。 まず、トイレつまりが起こったら、いきなりつまりを解消しようとするのではなく、水が流れないようにすることが大切です。もし、タンクのレバーをひねってしまって水を流してしまったら、便器から水が溢れる可能性が出てきます。床が水浸しになってしまうのは避けなければいけません。 ですから、つまりを直す前に止水栓を閉めておくことが基本になります。

ラバーカップとポンプ式の吸引カップ

トイレは急に詰まることが多いですが、徐々に詰まることもよくあります。トイレの水を流したとき、一旦水位が上がってから徐々に下がっていくのは、つまりかけている証拠です。放っておくと完全に詰まってしまうので、早めに対処しましょう。 つまりを直すのにはラバーカップが効果的で、素人でも簡単に扱えます。ラバーカップを封水部分に押し当て、強く引く動作を繰り返します。何回かやっているうちにつまりは解消されるでしょう。簡単ですが、溜まった水がはねる可能性があるので、あまり力を入れて行わないことです。 また、ポンプ式の吸引カップもあって、最近はこちらを使う人が増えています。ポンプ式の吸引カップは、ラバーカップよりも強力です。